医薬品企業法務研究会

 

研究部会

研究部会は、東京に8部会、大阪に2部会、加えて両方に活動拠点を有するコンプライアンス研究部会、全部で11部会があり、それぞれの研究部会は、原則として、年度毎にその専門分野に沿った研究テーマを決めて研究活動を行い、その成果を月例会や機関誌「リーガルマインド」で発表しています。これに加え、時宜を得た研究テーマがある場合には、部会横断的に取り組む特別研究部会を設けています。

2018年4月1日
MA・臨床開発研究部会が発足
2012年4月1日
コンプライアンス研究部会が発足
2008年4月1日
関西第三研究部会を存続部会として、関西第二研究部会と関西第三研究部会が合併し、関西第二研究部会と改名

MA・臨床開発研究部会

 当研究部会は、2018年度に発足した医法研において最も新しい研究部会です。MA(メディカル・アフェアーズの略称)および臨床開発に関連する諸問題に積極的に取り組んでいきます。
 研究部会の前身となる「臨床研究・開発」研究連絡会においては、MAに関連するテーマとして、臨床研究法に関連して①臨床研究法の論点整理、②関連法令等との比較、③契約モデル条項の作成、また、臨床開発に関連するテーマとして④治験補償実務の情報交換を行いました。
 今後も、次世代医療基盤法・ICH-GCP Renovation・データベース研究・レジストリ研究・GPSP改正・補償実務の更なる充実等がテーマになってくると考えられ、前向きな情報収集も含めた、積極的な研究活動を行っていく予定です。