医薬品企業法務研究会

 

研究部会

研究部会は、東京に8部会、大阪に2部会、加えて両方に活動拠点を有するコンプライアンス研究部会、全部で11部会があり、それぞれの研究部会は、原則として、年度毎にその専門分野に沿った研究テーマを決めて研究活動を行い、その成果を月例会や機関誌「リーガルマインド」で発表しています。これに加え、時宜を得た研究テーマがある場合には、部会横断的に取り組む特別研究部会を設けています。

2018年4月1日
MA・臨床開発研究部会が発足
2012年4月1日
コンプライアンス研究部会が発足
2008年4月1日
関西第三研究部会を存続部会として、関西第二研究部会と関西第三研究部会が合併し、関西第二研究部会と改名

経済法研究部会

 当研究部会は、企業の経済活動に関連する事項の中から、業界あるいは会員各社で話題になっているテーマを幅広く取上げ研究テーマとしています。従来、代表的な経済法である独占禁止法、会社法等を中心に研究を行っていましたが、近年は視野を広げて、医薬品企業にとってタイムリーかつホットなテーマを取り上げて真正面からチャレンジすることに注力してきております。
 昨年は、「IT/デジタル活用による情報提供活動に関連する諸論点」をテーマとして、現在利用されているIT/デジタルツールによる情報提供活動の具体的な事例を紹介しつつ、それに係る法・規制上の側面からの問題点・論点を整理・分析しました。

過去の研究テーマ

2017

IT/デジタル活用による情報提供活動に関連する諸論点

2016

医薬品の流通に関する考察 ~過去・現在の流通を捉え将来に向けた製薬の流通形態の変化の可能性~

2015

個人情報の取扱いに関する考察 ~製薬企業における患者情報を中心に~

2014

医師主導臨床研究における契約書の論点整理
製薬企業から研究機関への資金提供 ~奨学寄附金・研究者主導臨床研究契約モデル~

2013

医師主導の臨床研究への企業の関わり方

2012

震災時における医薬品の安定供給の確保について

2011

医薬品等健康被害救済制度 ~現状分析と展望~

2010

医療関連業界における独占禁止法上の留意点 ~事例研究を中心に~

2009

製薬企業の法務デューデリジェンスにおけるチェックリスト

2008

医薬品企業における製品譲渡の事務手続