医薬品企業法務研究会

 

法務実務講座

 
 >> イベント詳細

2018年9月

医薬品企業法務研究会

法務実務講座10月度のご案内

会事催行教育研修委員会

謹啓

貴社ますます御盛栄のこととお慶び申し上げます。

第4回法務実務講座(10月17日)は、下記の通り、日比谷総合法律事務所の植村幸也氏を講師にお招きし、「共同販売契約・共同販促契約と独占禁止法」と題し、ご講義頂きます。

謹 白

 記 

 

1.日 時:

2018年10月17日(水) 930分~1230


2.場 所:

 メルパルク大阪 5F 「カナーレ」

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原4-2-1 

TEL】06-6350-2111()

https://www.mielparque.jp/osaka/access/


3.演  題:

「共同販売契約・共同販促契約と独占禁止法


4.講  師:

日比谷総合法律事務所 弁護士 植村幸也 

〈講師からのコメント〉

競争者間の事業提携は、とりわけ当事者の合算市場シェアが高い場合には、独占禁止法上問題となることがあります。
 そのような事業提携の一種として、医療用医薬品の分野では共同販売契約(コ・マーケティング)や共同販促契約(コ・プロモーション)、ライセンス契約が広く行われていますが、これらについて実際に独占禁止法上の判断が示された事例が乏しいためか、比較的厳しくみる立場からほとんど問題視しない立場まで様々な見解が見られます。
 本講演では、これらの契約がどのような場合に独占禁止法違反に問われうるのか、また、理論上違反になりうるとして現実的なリスクはどの程度なのかを、具体例を挙げながら解説します。


5.受講料:

年間受講(全9回)をお申し込みの会員会社については、一口(50,000円)につき、各回4名まで追加費用なく受講できます。それ以上の受講および単回受講の場合は、各回7,000/人の費用を申し受けます。

受講料は、事務局より追ってお送りする請求書にしたがって、お振り込み頂きます。


6.申し込み:

メールでご案内の医法研WEBサイトよりお申し込みください。

 


()・本講座は、登録会員はもちろん、登録会員以外の会員会社の従業員等の皆様もご参加いただけます(会員会社に在籍のまま、グループ会社等、他社に出向されている方を含みます)。会員会社以外の方は、ご参加いただけませんので、未入会の医薬品企業、医薬品関連企業(医薬品原体製造、CRO、医療機器、再生医療等製品、臨床検査受託など)、また、会員会社のグループ会社におかれては、当会への入会、登録をご検討ください。

・「年間登録」いただいた会員会社は、毎月の講座に、4名まで、受講できます。当月の参加者が4名を超える場合も、「単回受講」により、ご参加いただけます。奮って、ご参加ください。

・本講座の録音は、固くお断り申し上げます。

 


会員専用ページ