医薬品企業法務研究会

 

月例会

 
 >> イベント詳細

医法研7月度月例会開催のご案内


拝啓 時下 益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
標記月例会を下記のとおり開催いたしますので、ご出席下さいますようご案内申し上げます。

日時:

7月17日(水) 13:15~17:00

場所:

メルパルク大阪5F「カナーレ」 [地図]

内容:

1)役員会報告  13:15~13:20
 

2)特別講演Ⅰ 13:20~15:00
 令和元年改正特許法の内容と実務へのインパクト

  弁護士法人イノベンティア
   弁護士 溝上 武尊氏

本年5月10日、改正特許法が成立しました。特許権保護を強化するため、訴訟における侵害立証及び損害算定に大きな変化がもたらされます。
創設される査証制度は、中立な専門家が被疑侵害者の工場等に立ち入るという強力な証拠収集手段であり、医薬品の製法特許が問題となる事案などでも利用される可能性があります。
損害算定については、権利者の実施能力を超える部分の損害賠償請求が可能となり、また、ライセンス料相当額の損害を増額するため、その考慮要素が明確化されました。
現在の訴訟実務や立法過程にも触れながら、改正内容と実務へのインパクトについてお話しさせていただきます。


3)コーヒーブレイク 15:00~15:20


4)特別講演Ⅱ 15:20~17:00
 米国ベンチャーファイナンスの基礎
 ~米国ベンチャーキャピタル協会(NVCA)投資タームシートを題材に~
  オリック東京法律事務所・外国法共同事業
   弁護士 杉田 泰樹氏
メディカル・ヘルスケアの分野においても昨今は、スタートアップ企業への投資や連携案件が増えてきております。一方、ベンチャー投資は通常のJVやM&A案件と比べても、その用語や条項の特殊性から初めての方にはとっつきにくいものです。そこで、本講演では、米国ベンチャーキャピタル協会(NVCA)の公開する投資タームシートを題材に具体的な条項を検討しながらベンチャーファイナンスの基礎について解説します。また、日米のベンチャープラクティスと条項の違いについても適宜ふれたいと思います。お時間ある方は下記ウェブサイトの「Term Sheet」を事前にご確認ください。
https://nvca.org/resources/model-legal-documents/


(お願い) 

1.出欠回答につきましては、締切日までにご返答下さい。会員専用ページ>→出欠確認 
2.登録会員は、当会会員専用ウェブサイト上で、出席お申込みいただければ、ご参加いただけます。 
3.登録会員以外の会員会社の従業員等は、登録会員の代理として、当会会員専用ウェブサイト上で申込みいただくことにより、代理出席できます。代理出席いただけるのは、会員会社の従業員等の方です。会員会社に在籍のまま、グループ会社等、他社に出向されている方を含みます。 
4. 会員会社の登録会員の人数枠を超えて、会員会社の従業員等が出席される場合には、お一人 5,000円の会場整理費を頂きます。
5.上記以外の方は、会場整理費をお支払いただいても、参加いただけません。未入会の医薬品企業、医薬品関連企業(医薬品原体製造、CRO、医療機器、再生医療等製品、臨床検査受託など)、また、会員会社のグループ会社におかれては、当会への入会、登録をご検討ください。 

※8月度月例会は、8月20日(火)にアルカディア市ヶ谷(5F穂高)にて開催します。





会員専用ページ