医薬品企業法務研究会

 

法務実務講座

 
 >> イベント詳細


拝啓 時下 益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
標記月例会を下記のとおり開催いたしますので、ご出席下さいますようご案内申し上げます。
なお、新型コロナウィルス感染拡大防止の為、WebExミーティングにて開催いたします。
出席登録いただいた方に後日、招待メールをお届けしますので、WebExミーティングから月例会にご参加願います。

                                                敬具

                           - 記 -

日時:  

2022年7月12日

内容:  

1)  役員会報告 13:15~13:20
 

2)  特別講演Ⅰ  13:20~15:00


海外子会社のリーガルリスク/コンプライアンスリスク(その全体像並びに事例に基づく検討)  

    北浜法律事務所 弁護士 坂元 靖昌 氏

日本企業の海外展開が加速する一方で、海外子会社の法務・コンプライアンス業務について、本社法務部/コンプライアンス部の皆様が実質的に支えているという実情が多いのではないかと思われます。

他方、これらの業務は、労働法、競争法、贈収賄汚職規制といった様々な法分野の情報の横断的な理解が不可欠となってきています。

そこで、これらをどのように横断的に理解していけばいいのか、その全体像を示しつつ、個々の具体的なケースに触れることで、事前防止又は事後の対処方法につき具体的に検討していきたいと思います。


3)  休憩    15:00~15:20

 
4)  特別講演Ⅱ 15:20~17:00

「ライフサイエンスベンチャー投資  

    TMI総合法律事務所 弁護士 髙原 達広 氏

近時、国内でも、これまで以上に多くの資金がベンチャー企業に投資される状況が見られます。また、ライフサイエンス分野でも、ベンチャーキャピタルによる投資に加え、製薬企業や化学品メーカーによるCVCの設立等も含めた投資体制の拡充傾向が見られます。

ベンチャー企業への投資にあたっては、デュー・ディリジェンス、投資契約の交渉、投資後の投資先管理の各場面で、様々な実務的留意事項が生じます。

本講演では、投資の各場面で生じる留意事項に触れながら、ライフサイエンスベンチャーへの投資と投資後の管理のあり方について、法務の観点から解説します。



(お願い) 
1.出欠回答につきましては、締切日までにご返答下さい。会員専用ページ>→出欠確認 
2.登録会員は、当会会員専用ウェブサイト上で、出席お申込みいただければ、ご参加いただけます。 
3.登録会員以外の会員会社の従業員等は、登録会員の代理として、当会会員専用ウェブサイト上で申込みいただくことにより、代理出席できます。代理出席いただけるのは、会員会社の従業員等の方です。会員会社に在籍のまま、グループ会社等、他社に出向されている方を含みます。 
4. 会員会社の登録会員の人数枠を超えて、会員会社の従業員等が出席される場合には、お一人 5,000円の参加費を頂きます。
5.上記以外の方は、参加費をお支払いただいても、参加いただけません。未入会の医薬品企業、医薬品関連企業(医薬品原体製造、CRO、医療機器、再生医療等製品、臨床検査受託など)、また、会員会社のグループ会社におかれては、当会への入会、登録をご検討ください。 


 8月は8月16日(火)に開催予定です。



会員専用ページ