医薬品企業法務研究会

 

法務実務講座

 
 >> イベント詳細


医法研9月度月例会開催のご案内



拝啓 時下 益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
標記月例会を下記のとおり開催いたしますので、ご出席下さいますようご案内申し上げます。
なお、新型コロナウィルス感染拡大防止の為、WebExミーティングにて開催いたします。
出席登録いただいた方に後日、招待メールをお届けしますので、WebExミーティングから月例会にご参加願います。

                               敬具

          - 記 -

日時:  

2021年9月14日(火) 13:15~17:20【web受付13:00~】

内容:  

1)役員会報告 13:15~13:20
 

2)部会発表① 13:20~14:30

 医療問題研究部会
「医療のオンライン化について」中間発表
        

  
今年度テーマを「医療のオンライン化について」として活動を行っております。今回はこれまでの活動の中間報告として、本テーマの全体像を把握する目的に情報収集・情報共有を行った内容を政策的背景・歴史的背景・現状などの視点から報告を予定いたします。併せて、オンライン診療の現状を理解する目的に開催した部会主催講演会(リーガルマインド誌8月号にて既報)についても概要として報告を予定しております。



3)休憩 
14:30~14:35


     
4)特別講演 
14:35~15:55

デジタルヘルス製品の事業化に関する法律上の留意点 」
 ベーカー&マッケンジー法律事務所

 弁護士 立石竜資 氏

デジタルテクノロジーの進展により、ヘルスケアの分野においても、医療向けの分析、診断支援や一般消費者向けのスマートフォンやSNSを利用した健康増進のためのサービスの提供など、デジタルヘルスビジネスが急速に拡大しています。こうした状況下、スタートアップ企業の参入、ヘルスケア企業と革新的技術を有する企業とのコラボレーションなど活発な動きがみられます。他方、こうしたヘルスケア分野への新製品・サービスの開発、事業化においては、医療関連規制の理解、個人情報の保護など様々な法律問題が絡み、こうした論点について総合的に理解することが求められています。本講演ではデジタルテクノロジーを利用した新たなヘルスケア製品・サービスに関連する薬機法等の医療関連規制の問題や製造物責任等の法的責任問題について解説します。



5)休憩 15:55~16:10


6)部会発表②
  16:10~17:20

 契約法研究部会
 改正個人情報保護法の基礎知識と実務への応用        

 

 個人情報保護法は、いわゆる「3年ごと見直し」を受けて、令和2年改正と令和3年改正が公表されています。そこで最初に、これら改正点の概要を紹介したうえで、個人情報保護法の基本的な用語の説明を行います。また、医法研契約法研究部会の研究発表ということで、製薬企業・契約の2点を念頭に、これらの改正点等が、製薬企業の実務に及ぼす影響に関する検討結果を説明し、さらに契約レビューにおいて反映を検討すべき事項があるのかを、業務委託契約及び医法研書式「個人情報の取扱いに関する覚書」を題材に説明します。








(お願い) 
1.出欠回答につきましては、締切日までにご返答下さい。会員専用ページ>→出欠確認 
2.登録会員は、当会会員専用ウェブサイト上で、出席お申込みいただければ、ご参加いただけます。 
3.登録会員以外の会員会社の従業員等は、登録会員の代理として、当会会員専用ウェブサイト上で申込みいただくことにより、代理出席できます。代理出席いただけるのは、会員会社の従業員等の方です。会員会社に在籍のまま、グループ会社等、他社に出向されている方を含みます。 
4. 会員会社の登録会員の人数枠を超えて、会員会社の従業員等が出席される場合には、お一人 5,000円の参加費を頂きます。
5.上記以外の方は、参加費をお支払いただいても、参加いただけません。未入会の医薬品企業、医薬品関連企業(医薬品原体製造、CRO、医療機器、再生医療等製品、臨床検査受託など)、また、会員会社のグループ会社におかれては、当会への入会、登録をご検討ください。 

※10月度月例会は、10月19日(火)にWebExミーティングにて開催の予定です。



会員専用ページ