医薬品企業法務研究会

 

ニュースリリース

 

 

ニュールリリース
12345
  • 2018/12/10 new今後の医法研のイベント開催予定
     
    ◆1月度月例会
       日時 : 1月16日(水)
       場所 : アルカディア市ヶ谷 6F「霧島」
       内容 : 
    【特別講演Ⅰ】最近の裁判例を題材とした「進歩性」の考え方について
     柳田国際法律事務所 弁護士(前知財高裁所長) 清水 節 氏
    【特別講演Ⅱ】パテントリンケージに関する各国制度の比較及び米国ANDA訴訟について
     浅村特許事務所 副所長(浅村法律事務所 代表) 弁護士・弁理士 浅村 昌弘 氏
     浅村特許事務所 パートナー 弁理士 金森 久司 氏
    ※当月の特別講演は、知的財産権(特に特許権)に特化したテーマを2題ご用意しました。当月は、会員会社の方であれば、登録会員以外のご参加も可能とする予定ですので、ぜひとも各社の知的財産部門の皆さまにお声がけをいただくようお願いいたします。
    <研究部会発表> 薬事法研究部会 
      「ドラッグ・リポジショニングの現状と課題」(仮)
    医薬品業界を取り巻く環境が厳しくなり(医療費削減のための薬価抑制、開発期間の長期化、開発費の高騰等)、医薬品開発の確率が低下しています。そこで、新たな医薬品開発の手法の一つである、ドラッグ・リポジショニングに注目しました。今回の発表では、ドラッグ・リポジショニングの基本的な定義や背景、目的を中心に、業界の動向や活用事例について紹介します。

    ◆1月度法務実務講座
       日時 : 1月17日(木)
       場所 : アルカディア市ヶ谷 6F「霧島」
       内容 : 「薬機法の歴史・目的、流通段階の規制」
        塩野義製薬株式会社  薬事部部長 花輪 正明 氏
      
    ◆2月度月例会
       日時 : 2月19日(火)
       場所 : メルパルク大阪 「カナーレ」
    内 容 : 
    【特別講演Ⅰ】労働法制:働き方改革関連法(予定)
     大江橋法律事務所 弁護士 小寺 美帆 氏
    【特別講演Ⅱ】個人情報関連(予定)
     英知法律事務所 弁護士 岡村 久道 氏
    <研究部会発表> 関西第二研究部会 
      「AI・データの利用に関する契約ガイドラインの検討と法務部門におけるAIツールの利活用検討」(仮題)

    ◆2月度法務実務講座
       日時 : 2月20日(水)
       場所 : メルパルク大阪 「カナーレ」
       内容 : 「海外ベンチャーとの共同研究・共同開発」
        オリック東京法律事務所・外国法共同事業  弁護士 矢倉 信介 氏
                                  弁護士 杉田 泰樹 氏

    ◆3月度月例会
       日時 : 3月19日(火)
       場所 : アルカディア市ヶ谷 5F「大雪」
    内 容 : 
    【特別講演】製薬企業に求められるガバナンス体制(仮)
    [Part 1] 医薬品医療機器法の平成31年改正(予定)
    [Part 2] 医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン
     厚生労働省 医薬・生活衛生局 監視指導・麻薬対策課 弁護士 堀尾 貴将 氏
    <研究部会発表> 国際問題研究部会  (演題未定)

    ◆3月度法務実務講座
       日時 : 3月20日(水)
       場所 : アルカディア市ヶ谷 6F「霧島」
       内容 : 「データの利活用に関する留意点~知的財産法の観点から~」
              阿部・井窪・片山法律事務所 弁護士 江幡 奈歩 氏
                                 弁護士 中村 閑 氏

  • 2018/11/28外部セミナー(臨床研究リスク管理研究会主催オープンセミナー)のご案内

    次の通り、臨床研究リスク管理研究会(臨リ研)主催のセミナーが開催されますので、お知らせします。
    なお、このセミナーは、当研究会及び日本製薬医学会(JAPhMed)が後援しております。
    詳細は、下記申込みページより「プログラム」をご参照ください。
    https://ms-seminar.smktg.jp/public/seminar/view/926

    「RWD・デジタルヘルス利活用における医薬品産業の未来~自分ゴトとして
    “何を理解し変革に向けた準備を始めればよいか”について考えるために~」
    開催日時:平成31年1月21日(月)14:00~17:00(開場13:45)
    会場:TKP御茶ノ水カンファレンスセンター ホール2E(東京・JR御茶ノ水駅前)
    参加費:無料

    ◆プログラム
    <特別講演1> (14:05~14:45)
    次世代医療基盤法の施行とGPSP省令の改正によってこれまでの副作用報告制度における課題は解決されるか?
    講師:青木事成氏(中外製薬株式会社医薬安全性本部安全性リアル・ワールド・データサイエンス部長)
    <特別講演2> (14:45~15:25)
    ICHで米国FDAが主導するGCP刷新によって医薬品ライフサイクルマネジメントはどのように変わるのか?
    講師:小宮山靖氏(ファイザー株式会社 事業統括部 レギュラトリー・ポリシー部  担当部長)
    <特別講演3> (15:35~16:15)
    医薬産業におけるDigital Healthの活用 -Digitalがもたらす治験・臨床研究の変革と個人を軸としたデータ流通プラットフォームの動向-
    講師:杉浦一輝氏(日本製薬工業協会医薬産業政策研究所主任研究員)
    <特別講演4> (16:15~16:55)
    「非製薬産業」発の異業種技術の進化と「製薬産業」の提供価値の転換
    ~くすりを売らなくなる日を見据えて「モノ」から「コト」へ、そして新たなパラダイムへ~
    講師:増井慶太氏(アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社 プリンシパル)
    ※セミナー内容については予告なしに一部変更する場合がございますのでご了承ください。

    臨リ研デジタルヘルスセミナーのご案内.pdf
  • 2018/11/21iNews2018-11-21:新規入会、顧問会、第3回明日向けアンケート、今後の予定等
     
    11月20日の医法研月例会の冒頭での役員会報告の内容を含め、
    「iNews(医法研ニュース)」として、会員の皆様にご報告させていただきます。
    月例会、法務実務講座、当会後援のセミナーなど、イベントの案内も
    掲載しておりますので、社内で、登録会員以外の社員の皆様にも回覧、転送等
    いただけましたら、ありがたく存じます。

    iNews 第2号(2018-11-20).pdf

  • 2018/11/09今後の医法研のイベント開催予定
     

    ◆12月度月例会
       日時 : 12月18日(火)
       場所 : アルカディア市ヶ谷 6F「霧島」
       内容 : 
    【特別講演】「電子署名について」
     宮内・水町IT法律事務所  弁護士 宮内宏氏
    <研究部会発表> 経済法研究部会
      「次世代医療基盤法:期待される成果と課題」
    近年、医療ビッグデータ(リアルワールドデータ)やAIなどが注目されている中、次世代 医療基盤法が2018年5月11日に施行され、先端的研究開発及び新産業創出の好 循環が促されることが期待されます。 今回、経済法研究部会では、次世代医療基盤 法の目的及び内容、この法律により何が実現され、製薬企業は何ができるようになるの か、また法律に登場する医療機関等の医療情報取扱事業者、認定匿名加工医療情 報作成事業者及び製薬会社等の匿名加工医療情報取扱事業者における課題は何 かなどについて発表する予定です。
    <研究部会発表> MA・臨床開発研究部会 (演題未定)

    ◆12月度法務実務講座
       日時 : 12月19日(水)
       場所 : アルカディア市ヶ谷 5F「穂高」
       内容 : 「個人情報保護法制(次世代医療基盤法等を含む)と医薬品業界における諸問題」
              大江橋法律事務所  弁護士 黒田佑輝氏

    ◆1月度月例会

       日時 : 1月16日(水)
       場所 : アルカディア市ヶ谷 6F「霧島」
       内容 : 
    【特別講演Ⅰ】最近の裁判例を題材とした「進歩性」の考え方について
     柳田国際法律事務所 弁護士(前知財高裁所長) 清水節氏
    【特別講演Ⅱ】パテントリンケージに関する各国制度の比較及び米国ANDA訴訟について
     浅村特許事務所 副所長(浅村法律事務所 代表) 弁護士・弁理士 浅村昌弘氏
     浅村特許事務所 パートナー 弁理士 金森久司氏
    ※当月の特別講演は、知的財産権(特に特許権)に特化したテーマを2題ご用意しました。当月は、会員会社の方であれば、登録会員以外のご参加も可能とする予定ですので、ぜひとも各社の知的財産部門の皆さまにお声がけをいただくようお願いいたします。
    <研究部会発表> 薬事法研究部会 
      「ドラッグ・リポジショニングの現状と課題」(仮)
    医薬品業界を取り巻く環境が厳しくなり(医療費削減のための薬価抑制、開発期間の長期化、開発費の高騰等)、医薬品開発の確率が低下しています。そこで、新たな医薬品開発の手法の一つである、ドラッグ・リポジショニングに注目しました。今回の発表では、ドラッグ・リポジショニングの基本的な定義や背景、目的を中心に、業界の動向や活用事例について紹介します。

    ◆1月度法務実務講座
       日時 : 1月17日(木)
       場所 : アルカディア市ヶ谷 6F「霧島」
       内容 : 「薬機法の歴史・目的、流通段階の規制」
        塩野義製薬株式会社  薬事部部長 花輪正明氏
      
    ◆2月度月例会
       日時 : 2月19日(火)
       場所 : メルパルク大阪 「カナーレ」
       内容 : 
    【特別講演】Ⅰ  (演題未定)
    【特別講演】Ⅱ  (演題未定)
    <研究部会発表> 関西第二研究部会 
      「AI・データの利用に関する契約ガイドラインの検討と法務部門におけるAIツールの利活用検討」(仮題)

    ◆2月度法務実務講座
       日時 : 2月20日(水)
       場所 : メルパルク大阪 「カナーレ」
       内容 : 「海外ベンチャーとの共同研究・共同開発」
              オリック東京法律事務所・外国法共同事業  弁護士 矢倉信介氏
                   弁護士 杉田泰樹氏

  • 2018/10/17iNews2018-10-17(役員会報告):交流会ご参加のお礼、新規入会、今後の予定
    毎月の医法研月例会の冒頭で、同日の午前開催の役員会報告を幹事長よりさせていただいていますが、今後、その内容を含め、「iNews(医法研ニュース)」として、ウェブサイト上でも、ご報告させていただきます。

    iNews2018-10-17(役員会報告)交流会ご参加のお礼、新規入会、今後の予定.pdf

12345